検索

【最新版】G-SHOCKの人気ランキング

今回はG-SHOCKの人気ランキングを15選を紹介します。

メンズやレディース、電波ソーラー機能付きなど、今人気のG-SHOCKモデルから厳選して15選紹介します。

また、G-SHOCKの魅力や選び方のポイントも合わせて紹介しているため、自分に合ったG-SHOCKを購入したいと考えている方はぜひご覧ください。

G-SHOCKの選び方・ポイント解説

満足のいく時計選びには、時計の特長やそれぞれの機能を知るところから。G-SHOCKならではの機能や、アナログ、デジタルの違いなどをご紹介します。

搭載されている機能をチェック

G-SHOCKは、衝撃や水に強いタフさが特長。そのほか、モデルによってさまざまな機能を搭載したものもあります。

アプリで簡単操作!スマートフォンリンク機能

スマートフォンアプリと連携して、現在地をログとして記録したり、海外でもワンプッシュで現地時間へ修正。アラームなどもアプリ上で簡単に設定ができます。

幅広いシーンに応える防水機能

G-SHOCKの多くに搭載されている「20気圧防水」なら、日常の水仕事はもちろん、シャワーや水泳、サーフィンなどのウォーターアクティビティまで、様々な場所や状況で使用可能。

GPSどこにいても正確な時刻を。電波受信機能

GPSを利用して位置や時刻を取得し、世界中どこにいても、現在地からタイムゾーンを自動で解析して、数秒で正しい時刻へと修正します。

ソーラー/電池モデルの違いとは?

・ソーラーモデル
太陽光や蛍光灯などの光を蓄電し動力へ変換します。G-SHOCKは、わずかな光でも安定して動くカシオ独自のシステムを搭載しています。

・電池モデル
寿命は製品によって異なります。ソーラーモデルより低価格のため、気軽に腕時計を楽しむことができます。

アナログ/デジタルはどう違う?

G-SHOCKの文字盤は、「アナログ」「デジタル」「アナログ・デジタル」の3タイプ。

アナログは直感的に時刻を把握しやすく、デジタルは細かい時間を知りたい・記録したいときに便利。その両方を併せ持ったデジタルアナログタイプが多いのも、G-SHOCKの特長です。

サイズ感や重さはどう違う?

文字盤は大きなものから小ぶりなものまでさまざま。自分の好みと、腕まわりやファッションに合わせて選びましょう。また素材によって時計の重さは変わるので、ウレタン(樹脂)やステンレスなども判断材料に。

公式オンラインショップのお気に入り機能を使えば、登録した製品ごとにサイズや重さ、機能などを比較することができます。製品ページのG-SHOCKストアスタッフによる着用画像も、イメージの参考にしてくださいね。

 

着け心地は素材からも判断できる

G-SHOCKのバンドは、軽くて手首にフィットするウレタン(樹脂)素材が多め。腕時計を着け慣れていないなら、まずはウレタンがおすすめです。そのほか、ほどよい重みで時計の存在を感じられるメタルスチール素材なども人気。好みによって選びましょう。

G-SHOCK人気シリーズの特徴

G-SHOCKの定番・人気シリーズの特長をご紹介します。

G-SHOCKオリジンシリーズ

初代G-SHOCKから続く伝統のスクエアデザインに先進の機能を搭載し、進化し続けるロングセラー。シンプルなデザインで普段使いはもちろん、ショックレジスト(耐衝撃構造)でストリートスポーツシーンなどアクティブにもマッチする万能モデルです。

G-SHOCK MT-Gシリーズ

メタル、カーボン、樹脂と、異なる素材を組み合わせが印象的なシリーズ。G-SHOCKならではのタフネスさと、無骨な佇まいでありながら細部までこだわった美しさを兼ね備え、ファンも多い。Bluetooth🄬搭載の電波ソーラー搭載など、機能面も充実。

G-SHOCK FULL METALシリーズ

フルメタル×ショックレジスト(耐衝撃構造)を実現した、唯一無二のタフネスウォッチ。ステンレススチールのほどよい重量感が心地よく、コーディネートや佇まいを引き立ててくれる存在に。

メンズに人気なG-SHOCKランキング5選

G-SHOCKの中でも、男性に人気のおすすめモデルをご紹介します。

GMW-B5000-1JF

初代G-SHOCKのスクエアデザインはそのままにフルメタル化し、電波ソーラーやスマートフォンリンク機能など搭載した新世代モデル。バンドにはソフトウレタン素材を使用し、フィット感も向上。カジュアルにもフォーマルにも映える一本です。

GA-2100-1AJF

G-SHOCKの中でも多くのファンをもつ“八角形フォルム”を継承し、さらに薄型化を実現したデジタル・アナログのコンビネーションモデル。

無駄を省いたスリムでシンプルなデザインで、シーンを選ばず使いやすく、軽くてタフなカーボン素材を使用した着け心地のよさも人気のポイントです。

AWM-500GD-9AJF

初代アナログ・デジタルモデルのG-SHOCKをベースに、硬質なステンレスを採用した電波ソーラーモデル。曲線を帯びたデザインで腕にもフィットしやすく、滑らかな質感となじみやすいゴールドの存在感が、シンプルなコーディネートも格上げしてくれます。

GST-B400-1AJF

複雑な形状のステンレスパーツを組み合わせたフェイスが特徴的なモデル。さらに、強さと軽さを両立したカーボン素材による薄型化で、存在感がありながらも着けやすく、スマートな印象に。ソーラーやスマートフォンリンク機能なども搭載し、オンオフ問わず活躍する一本です。

MTG-B2000YBD-1AJF

カーボン素材とメタル素材を融合した最新モデル。ステンレスの高級感がありながら、カーボンのタフさと軽さで、心地よい着け心地を実現しました。透明度の高いサファイアガラスや、日本製ならではの繊細な彫刻を施したダイアルなど、細部へのこだわりが詰まった一本。スマートフォンリンク機能やソーラーなど、機能も充実。

レディースに人気なG-SHOCKランキング5選

G-SHOCKの中でも、女性に人気のおすすめモデルをご紹介します。

GBX-100NS-4JF

“G-SHOCKらしい”スクエアデザインと、ローズゴールドのメタルのフェイスが印象的なモデル。スポーツ時にも最適な、タイドグラフやトレーニング計測などスマートフォンリンク機能を搭載。激しいスポーツにも耐えうるタフさを持ちながら、タウンユースでも普段使いしやすい

DW-5600E-1

G-SHOCKの定番といえばこれ!タウンユースにもアウトドアにも活躍する、流行に左右されないスタンダードな一本。ショックレジスト(耐衝撃構造)はもちろん、20気圧防水にも対応し、シンプルなブラックカラーはどんなファッションにもなじみます。G-SHOCKが初めてという方にもおすすめ。

GM-S5600PG-1JF

スクエアデザインが人気の初代モデルを一回りサイズダウンし、メタルをまとったモデル。衝撃や水に強いG-SHOCKの良さも引き継ぎながら、高級感のあるピンクゴールドのフェイスは、コーディネートを引き立たせるアクセサリーにもなる。

GM-S2100-3AJF

大人気の“八角形フォルム”のシリーズを、どんなシーンにもフィットするよう一回りコンパクトにし、薄型に徹底的にこだわったモデル。ステンレスのフェイスと、アースカラーであるカーキの組み合わせは、コーディネートを引きしめるアクセントとしても。

GA-2100-7AJF

90‘sのレトロテイストも感じさせるポップさで、カジュアルやストリートファッションにも映えるホワイトの人気モデル。シンプルなデザインながら、タウンユースだけでなくレジャーでももちろん大活躍。

電波ソーラー付きG-SHOCK人気ランキング5選

G-SHOCKの中でも、電波ソーラー搭載の人気モデルをご紹介します。

GW-M5610U-1JF

初代G-SHOCKのデザインを継承し、クラシカルなデザインが“これぞG-SHOCK”と言わしめるほど大人気かつ定番の一本。ファーストモデルのDNAを受け継ぎながら、電波ソーラーや世界の標準電波に対応し自動で時刻を修正するMULTIBAND6など、さらに進化したモデルです。

GWG-2000-1A3JF

G-SHOCKの中でも、防塵・防泥仕様などハードな環境での使用を想定した「マッドマスター」シリーズ。電波ソーラーに加え、方位や気圧・高度、温度情報を取得できるトリプルセンサーも搭載し、あらゆる過酷な環境にも耐えうるタフさ魅力のモデル。カーボン素材を使用することで小型化し、装着感もアップ。普段使いにもおすすめです。

GMW-B5000GD-9JF

初代G-SHOCKのスクエアデザインはそのままにフルメタル化し、電波ソーラーやスマートフォンリンク機能など搭載した新世代モデルです。派手なイメージのあるゴールドカラーですが、絶妙な色味でさりげなく存在感を発揮。電波ソーラーやスマートフォンリンク機能など、実用性も兼ね備えています。

GAW-100-1AJF

ブラックを基調としたビッグケースにメタル素材を組み合わせ、カジュアルと上質さを併せ持つデザインが特長。ボリュームのあるフェイスに、G-SHOCKらしい無骨さが感じられる人気モデルです。電波ソーラーや世界の標準電波に対応し自動で時刻を修正するMULTIBAND6などの機能も搭載。

AWG-M100-1AJF

G-SHOCKのブランドカラーであるブラック×レッドが印象的。時刻だけでなく月や曜日のデジタル表示も備え、使いやすさも追及したデジタル・アナログモデルです。MULTIBAND6を搭載した電波ソーラーG-SHOCKのスタンダードとも言える一本。

Select a location