Case10 Licaxxx x 柴田ひかり | CASIO

検索

ワンアンドオンリーを探る、MY G-SHOCK。
Case10 
Licaxxx/DJ &
柴田ひかり/モデル

The only one watch in this world

自分好みの色でG-SHOCKがつくれる企画「MY G-SHOCK」に注目が集まる。定番の5600型をベースに、文字板、ベゼル、ベルト、ベルトループ、バックルの配色を自分の好きなように決められ、その組み合わせの合計はなんと190万通り以上。今回このサービスを試してくれたのは、DJのLicaxxxさんと、モデルの柴田ひかりさん。付き合いが長い2人は和気あいあいと、ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら仕上げてくれました。趣味が似ていると話す両者の〈G-SHOCK〉は、どんな仕上がりになったのでしょうか。

Profile

Licaxxx (写真左)  /  DJ・ビートメイカー

東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー。
DJとして国内外のビッグフェスやクラブに出演する他、世界各国のラジオにDJMIXを提供しメゾンブランドのコレクションやCM等、幅広い分野への楽曲提供を行う。世界中のDJとの交流の場を目指し、ジャンルを超えて日本全国のDJを紹介するビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。

Instagram:licaxxx1

柴田ひかり (写真右)  /  モデル・フォトグラファー

独自のセンスとスタイルで人気を集めるモデル。フォトグラファーとしての顔も持ち、過去に写真展を開催するなど、幅広い表現力でマルチに活動する。さまざまなブランドとコラボレーションし、Tシャツやスラックス、サングラスなど、自身が理想とするファッションアイテムをプロデュースすることも。VLOGを中心に投稿しているYouTubeチャンネル『peep inside head』では、等身大の姿を披露する。

Instagram:@shibatahikari

ファッション性が強い〈G-SHOCK〉。

1983年に誕生して以来、数えきれないほどのインラインモデルやコラボレーションモデルをリリースしてきた〈G-SHOCK〉。そのデザインは多種多様ですが、「MY G-SHOCK」はそれらと異なる1本に彩ることができ、〈G-SHOCK〉にオリジナリティを反映できるのです。

ベースとなるのは、ファーストモデルの系譜を受け継ぐ「DWE-5610」。「MY G-SHOCK」では、その文字板、ベゼル、ベルト、ベルトループ、バックルの色を自由に選ぶことができ、各々のファッションに寄り添います。好きなファッションブランドは似ていると話すLicaxxxさんと柴田さんは、腕時計の着用に関する価値観は異なりますが、〈G-SHOCK〉に対する印象は共通しているようです。

Licaxxx:わたしはDJ中に時間を確認したいから、よく腕時計を付けています。大きめのTシャツを着ることが多いので、バランスをとるために大ぶりな腕時計を選んでいて。単純に時間を確認しやすいですしね。もちろん、〈G-SHOCK〉も持っていますよ。文字板が大きいモデルとか、〈ファセッタズム(FACETASM)〉とのコラボレーションモデルとか。いろんなデザインがあるから、コーディネートに使いやすいという印象です。

柴田:わたしは腕時計を付けないんですよ。でも、最近アクセサリーを付けるようになって、ブレスレットだと大人っぽすぎるから、腕時計が気になっていたところ。特に〈G-SHOCK〉は、わたしらしいと思っていました。タフな見た目だけど、ファッションスタイルを選ばないですよね。いいアクセントになると思います。

そんな2人は7年ほど前から親交があるそうです。所属する事務所が同じということもあって、仕事からプライベートまで、一緒に過ごすことが多いとのこと。

柴田:よく覚えているのが、わたしがまだ10代だったとき。夜、渋谷で一緒にご飯を食べて、Licaxxxはクラブに、わたしは10代だから帰宅、なんてことがよくありました。

Licaxxx:あった、あった(笑)。好きな音楽も同じだから、20歳になってからは一緒に行くようになりました。行動範囲が近いんです。

柴田:わたしがDJをしているLicaxxxのところに、遊びに行っているだけですけどね(笑)。話しやすい友達です。

Licaxxx:週に何度も会っているわけじゃないけど、いつ会ってもこんな感じ。安定しています。

ワードローブに溶け込む1本を。

ずらりと並んだパーツを前に、気分が上がりながらも少し悩んだ顔つきの2人。ともにまず目に留まったのは、クリアのパーツでした。それを軸にして、いろんな組み合わせを試していきます

Licaxxx:先にテーマを決めるのは難しいかも。でも、オシャレな色の組み合わせを見つけたい。

柴田:センスが試されるよね(笑)

Licaxxx:そうそう。大人っぽく仕上げたいな~。

柴田:この色は、この色じゃない方がいいよね?

Licaxxx:確かに。雰囲気が重くなっちゃうね。

柴田:いまの暑い気分に引っ張られちゃってたけど、秋冬に付けることも考えなきゃ。ベゼルのカラーリングを先に決めると、方向性が決まりそう。

Licaxxx:確かに、一番目立つのがベゼルだからね。

柴田:文字板も、白か黒かで、印象ががらっと変わる。バンドとバンドループで色を使いたいから、文字板は黒で締めたほうがいいかも。

Licaxxx:方向性は見えてきた! でも、迷いは深まるばかりだよ……。

柴田:その蛍光(アシッド ライム)の組み合わせ、いいね!

Licaxxx:蛍光をベースにしてみたんだ。こっちは、気づいたら今日着ているシャツと同じ配色になっちゃった(笑)。

柴田:こっちは(オカモト)レイジくんがつくりそうな色になった(笑)。

Licaxxx:ほかの人がカスタムしそうなシリーズも楽しそう(笑)。

色の組み合わせを変えて、徐々に納得のいく1本に近づいていきます。普段の買い物は、ほぼ悩まないと声を揃える2人ですが、この日ばかりは少し慎重。いろんなカラーパターンの〈G-SHOCK〉が出来上がり、当初の想定とは変化してきました。偶然発見した色の組み合わせにピンとくることも、カスタマイズサービスのおもしろいところ。

柴田:最初はあんなにクリアって言っていたのに。

Licaxxx:お互い全然取り入れてないね(笑)。

柴田:腕に巻いてみると、短いバンドがあまり見えなくなる。

Licaxxx:確かに。長いバンドで隠れるから、短いバンドで遊んでも外しすぎないのがいい。

柴田:ってことは迷彩もあり!

Licaxxx:いつものコーディネートに合わせることを考えると、わたしにとって発色がいいカラーは違うかも。

柴田:そうだよね。少し落ち着いた色のほうが使いやすい。これだとシンプルすぎるかな?

Licaxxx:シンプルっちゃシンプルだけど、持ってそうだよ。いつものコーディネートに付けられそう。

柴田:結局、シックな色のほうが着けるからね。

Licaxxx:わたしも最初はアクセントになる色を使いたいと思ったけど、やっぱり持っている服のカラーリングに合わせたほうがいいかもしれない。

相手をイメージして作って、プレゼントしたい。

こうして完成した「MY G-SHOCK」。手に取るカラーは共通していて、2人とも触れなかったパーツも見受けられました。どんなイメージで仕上げたのか、テーマを伺ってみます。

Licaxxx:“アウトドアに慣れていない人のアウトドア”。

Licaxxxさんがカスタムした一本は、ブラックをベースにクリアブラックのショートバンドでアクセントを加えた。

柴田:どういうこと?(笑)。

Licaxxx:真っ黒で手慣れてそうって思いきや、クリアで色気を出している感じが、そうっぽい(笑)。

柴田:なるほど(笑)。Licaxxxらしさが伝わるのは、さすがだね。わたしは、自分が持っている服、全部に合いそうな配色。テーマを付けるなら、“毎日G-SHOCK”。

柴田ひかりさんがカスタムしたのは、マイルドなトーンの一本。「チノパンと合わせても良さそう」とのこと。

Licaxxx:今日付けてきていても、違和感ないね。

今回は2人で挑んだ「MY G-SHOCK」。Licaxxxさんと柴田さんの飛び交う会話は軽快で、本当に楽しそうでした。ひとりでじっくり考えるのもいいですが、気心の知れた友人と一緒なら、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

柴田:これだけ選択肢があると、一筋縄じゃ……。

Licaxxx:いかないね!

柴田:ぱっと見ただけで、使いたいカラーは決まるんですけど、組み合わせていくと何通りもできるから悩みました。

Licaxxx:お互いに作り合うのも楽しそうじゃない?

柴田:確かに。相手をイメージして作って、プレゼントに良さそう。

Licaxxx:あと、友達と一緒に選べたのがよかったです。それいいね! って言ってくれる人がいると、ひとりで選ぶより楽しいと思います。

柴田:わたしはひとりでやったほうがいいかも。

Licaxxx:逆に(笑)!?

柴田:だって、作っているうちに、Licaxxxのほうが良く見えちゃって、ニュアンスが寄っていっちゃう。でも、参考になったから、2人でやって楽しかったよ。

Licaxxx:すごく迷ったけど、ずっとやっていられるね。いっぱい時間をかけて、もっといろんな色の組み合わせを試したいです。

DWE-5610-SP8

柴田ひかりさん
DWE-5610-SP10-1
¥15,510-

DWE-5610-SP8

Licaxxxさん
DWE-5610-SP10-2

¥16,830-

Photo : Naoki Usuda
Text : Shogo Komatsu
Edit :Shun Koda

Select a location