検索

Tradition of Blue

阿波藍が魅せる、新たな伝統の青

時計づくりにおける革新への挑戦を広大な海に喩え、その深く澄んだ青を進化の象徴として掲げるOCEANUS。“オシアナスブルー”と称される独創の青はこれまで様々な形で表現されてきたが、代表的なひとつとして、古来より伝わる伝統の和色“藍色”をフィーチャーしたシリーズが存在する。

そもそも深く澄んだ青を藍色と呼ぶようになったのは、江戸時代。当時の人々の着物や生活の中に藍染めが愛用され、また多くの絵師が藍色を用いたことから、外国ではジャパンブルーとも呼ばれるようになったという。中でも当時全国シェアの90%以上を誇っていたとされるのが、徳島県の伝統的な藍である“阿波藍”。今では日本のナショナルカラーとして定着したジャパンブルーの代名詞とも言える阿波藍をOCEANUSに取り入れたいという想いから誕生したのが、「Japan Indigo - 藍 -」シリーズだ。

今回そんな「Japan Indigo - 藍 -」シリーズの第三弾として、新色を用いた2つのNEWモデルが5月20日に発売されることとなった。

「Japan Indigo - 藍 -」シリーズ。左:Classic Line『OCW-T4000AWB-2AJF』 / 右:Classic Line『OCW-T4000ALE-2AJR』

伝統色による青の新解釈

これまでManta『OCW-S5000』とClassic Line『OCW-T2600』をベースに計5モデルを発売している「Japan Indigo - 藍 -」シリーズだが、今回の2モデルはソリッドなケース・ バンドデザインとシンプルで見やすいワイドフェイスが特徴のClassic Line『OCW-T4000』を採用。もはやOCEANUSのお家芸とも言うべき信頼の時刻修正システム「Bluetooth®搭載電波ソーラー」を搭載し、スマートフォンアプリと Bluetooth®を連携することにより、自動時刻修正や世界300都市以上に対応したワールドタイム設定をはじめ、時計の各種設定が可能となっている。

生地の一部を折る・糸で縛るなどして意図的に染料が染み込まない部分(絞り)を作ることで、美しい模様を生み出す染色技法“絞り染め”をイメージした文字板は、藍の生成法のひとつである沈殿法にて抽出した藍染料を文字板の下地着色に使用し、ブルーを基調にグラデーションするマットな質感を実現。そんな阿波藍が醸す独特な色味の文字板を引き立てるのは、モデルごとに取り入れた個性溢れるパーツたち。

まずは文字板外周に都市コードを配置し、刻印をなくすことでシンプルさを追求したフラットベゼルに、ブルーIPによって青から紫へと美しく変化するグラデーションをあしらった『OCW-T4000AWB』。視認性を高めた立体バーインデックスの下地をグレーメッキ、時分針をブラックアルマイトという暗いトーンの色味にすることで、暗闇で光る蓄光機能が映えるように調整されているのだ。

Bluetooth®搭載電波ソーラー『OCW-T4000AWB-2AJF』 ¥159,500(税込)

そして同じくフラットベゼルにブラックのDLC加工を施した『OCW-T4000ALE』。ベゼルリングと立体バーインデックスにアクセントとしてピンクゴールドを配色し、藍染め中に染液が光っている情景をイメージ。もともと藍染液の色自体は茶系なのだが、酸化することで青くなる藍染工程からインスピレーションを得たカラー表現となっている。

Bluetooth®搭載電波ソーラー『OCW-T4000ALE-2AJR』 ¥148,500(税込)

独創の青を支えるケースとバンド

メタルデザインのケースとバンドに、耐摩耗性に優れるDLCコーティングを採用した『OCW-T4000AWB』。OCEANUSの中でも人気の高い精悍なオールブラックがエレガンスな雰囲気のフェイスを際立たせ、バンドに繋がるケース部分に角度を入れたOCW-T4000の印象をよりソリッドなものへと導いている。

チタン製のケースに表面処理を施して耐摩耗性と発色を向上させた『OCW-T4000ALE』には、阿波藍の産地・徳島県で藍染め(絞り染め)されたレザーバンドと、レザーの型を入れた表面のソフトウレタンバンドの2本をセット。ソフトウレタンバンドのステッチも、ベゼルリングと立体バーインデックスに合わせたブラウンに配色するなど、細部に至るまでさりげないこだわりを見せている。

青は藍より出でて藍より青し

古き時代より引き継がれてきた伝統文化「阿波藍」による“悠久の青”を、革新し続けるOCEANUSの先進テクノロジーによって“独創の青”へと昇華させた、最新の「Japan Indigo - 藍 -」シリーズ。日本のモノづくりの誇りである青の遺産を纏ったオシアナスブルーは、次の時代へとその青を継承していく。

Text: Tatsuya Nakamura | Photography: Masashi Nagao

※ 表示価格は、すべてメーカー希望小売価格です。
※ 掲載商品の色調は、一部実物と異なる場合があります。

Select a location