OCW-S6000 | DEVELOPMENT STORY | CASIO

検索

“斜めに差す光”を表現する、匠の技。

江戸切子に光が斜めに差し込むことで生まれる表情がテーマの今作。

切子の中心をずらし、動きを与えることでのびやかな光の筋を表現。サファイアガラスへの変則的な切子は非常に難易度が高く、江戸切子職人・堀口氏の研ぎ澄まされた感覚など匠の技によって可能になったもの。

カラーは、ブルーブラックのグラデーションの過程で、わずかにパープルの輝きを放つ新色。そのほかベゼルや風防・ダイヤルなど細かなパーツにまで詰まったこだわりを、開発者が語ります。

OCW-S5000EK-1AJF

    Select a location