電卓 よくあるご質問 | CASIO

検索


よくあるご質問 | 電卓

関数電卓機能・使い方

グラフ関数電卓

三角関数や角度を含む計算を行う際に, 注意すべき点はありますか?

関数電卓には、角度設定が3つ存在します。そのため、計算を行う際には、正しい角度設定を行っているかどうか確認する必要があります。 もし、誤った角度設定を行っている場合は、角度設定を変更する必要があります。 現在の角度設定を決定する方法 電卓のセットアップ画面上の角度設定を見れば、下記の3種類の角度設定の1つが表示されています。 度数法(ディグリー単位): もし”DEG”の表示が、電卓のセットアップ画面上に表示されている場合は、現在の角度設定が、度単位であることを示しています。 度は円の1/360の弧が示す角度を意味します。1度は1ºと表記されます。 以下は、度数表示を用いた計算例です。 sin90゜=cos0゜=1 弧度法(ラジアン単位): もし”RAD”の表示が、電卓のセットアップ画面上に表示されている場合は、現在の角度設定が、ラジアン単位であることを示しています。 Radian:1ラジアンは弧の長さが半径に等しい場合, その弧の示す角度を意味します。ラジアンを用いた角度表示は「弧度法」と呼ばれます。1(radian)=360/(2π)゜ 例えば, 次のような計算が出来ます。 sin(π/2)(radian)=cos(2π)(radian)=1 グラード単位: もし”GRA”の表示が、電卓のセットアップ画面上に表示されている場合は、現在の角度単位が、グラード単位であることを示しています。 グラードは円の1/400の弧が示す角度を意味します。 sin100(grads)=cos400(grads)=1 3つの角度モードの関係は,次の通りです 90゜=π/2(radians)=100(grads) 尚,スタンダード関数電卓または,プログラム関数電卓の場合,Degreeモードが初期設定となっています。 変更方法 セットアップ画面上で“angle”を設定したい角度モードに変更してください。

普通の計算や三角関数の計算を行うと、エラーメッセージが表示されるのはなぜですか?

エラーメッセージは、問題の内容を示しています。詳細は、お使いの電卓の取扱説明書のエラーメッセージ一覧表をご確認ください。 例を示すと、 MaERRORまたはMath ERROR 原因:計算結果が演算範囲を超えています。または、数学的な誤り(0による除算など)が行われています。 対策:入力した数値を確認し、演算できる範囲内に修正してください。もし、メモリーを消費する演算を行っている場合は、メモリー容量を確認してください。 SynERRORまたはSyntax ERROR 原因:入力した書式に誤りがあります。または、あなたが使用しているプログラムに、論理的な誤りがあります。 対策:右カーソルまたは左カーソルを押して、エラー箇所を表示させ、訂正を行ってください。([EXIT]キーを押す機種もあります。) StkERRORまたはStack ERROR 原因:数値用スタックおよび命令用スタックを超える計算式が実行されました。 対策:計算式を簡略化して下さい。計算式を2つ以上に分割して、それぞれの計算を一つずつ実行してください。 MemERRORまたはMemory ERROR 原因:メモリーの容量を超えるような、行列計算、グラフ描画または他の計算を行ったため。 対策:不要なメモリー内のデータを削除して下さい。使用するメモリーの数を、現在設定されているメモリー数以内に収めてください。 この他のエラーメッセージは、演算が現在のモード、角度設定、表示設定、または他の設定と適合していないことを示しています。もしこのような症状が生じた場合、電卓の設定を再確認してから再度計算してください。

BASE-N(BASE)モ-ドまたは(ビットごとの)論理演算を行う際に, 注意すべき点はありますか?

通常の10進数以外に, 2進数, 8進数, 16進数の計算が出来ます。 計算結果は, 常に現在の基数の設定に従って表示されます。この基数の設定を変更することでn進法の値に切り替えることが出来ます。 また, 負数計算や論理演算ができます。 ポイント: 16進数で使用するA, B, C, D, E, Fは, 赤色または緑色のアルファベットキ-を使用します。 このとき, [ALPHA]キ-を先に押す必要はありません。 N進数から10進数への変換 進数 底 数値例(10進数の 28) 結果 2進数 2 1×24 + 1×23 + 1×22 + 0×21 + 0×20 11100 8進数 8 3×81 + 4× 80 34 10進数 10 3×81 + 4× 80 28 16進数 16 1×161+12×160 1C (例)10進数の28を2進数に変換します。 CFX-9850Gシリーズ, fx-9860Gシリーズの操作例 (1)RUNモードの「SETUP」でMODE設定を2進数にします。 [SHIFT][MENU](SETUP)[F4](Bin)[EXIT] ※fx-9860Gシリーズ の場合は [SHIFT][MENU](SETUP)[↓][F4](Bin)[EXIT] (2)10進数の数値28を入力します。 [F1](d~o)[F1](d)[2][8] (3)実行し2進数の結果を表示します。 [EXE] 表示結果:0000000000011100 ※ほかの関数電卓(fx-115MS,fx-115WA,fx-991WA,fx-3650Pなど)も類似した操作で計算可能です。 ●論理演算 ビットごとの論理積(and), 論理和(or), 排他的論理和(Exor, Xor), 排他的論理和の否定(Xnor)の結果を表示します。2進, 8進, 16進では, 負数は2進数表記で2の補数を取った値を元のn進表記に戻して使います。10進では, 負数に負符号を表示します。 真理値表 A B A And B A Or B A Nand B A Nor B A Xor B 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 1 1 0 0 1 1 0 1 1 1 1 1 0 0 0 A Nand B はNot (A and B)と同値 A Nor B は Not (A or B)と同値 A Xor B は(A Or B) And (Not(A)Or Not(B))と同値 (例)2つの16進数の値19と1Aがあります。 これら値のビットごとにORとXORをとり, 2進数に変換します。 1.Orの計算: 19 Or 1A ●CFX-9850Gシリーズ, fx-9860Gシリーズの操作例 (1)BASE-Nモ-ドで基数を16進に設定します。 ※ほかの関数電卓(CFX-9850シリーズ, fx-9860Gシリーズなど)もほぼ同じ操作で計算可能です。 (1)BASEモ-ドで基数を2進に設定します。 [SHIFT][MENU](SETUP)[F4](Bin)[EXIT] ※fx-9860Gシリーズ の場合は [SHIFT][MENU](SETUP)[↓][F4](Bin)[EXIT] (2)16進数の数値19を入力します。 [F1](d~o)[F2](h)[1][9][EXIT] (3)論理演算子を入力します。 [F2](LOG)[F4](or)[EXIT] (4)16進数の数値1Aを入力し, 16進の結果を表示します。 [F1](d~o)[F2](h)[1][X,θ,T](A) (5)計算を実行し、2進数の結果を表示します。 [EXE] 表示結果:0000000000011011 2.Xorの計算: 19 Or 1A ●CFX-9850Gシリーズ, fx-9860Gシリーズの操作例 ※ほかの関数電卓(CFX-9850シリーズ, fx-9860Gシリーズなど)もほぼ同じ操作で計算可能です。 (1)BASEモ-ドで基数を2進に設定します。 [SHIFT][MENU](SETUP)[F4](Bin)[EXIT] ※fx-9860Gシリーズ の場合は [SHIFT][MENU](SETUP)[↓][F4](Bin)[EXIT] (2)16進数の数値19を入力します。 [F1](d~o)[F2](h)[1][9][EXIT] (3)論理演算子を入力します。 [F2](LOG)[F5](xor)[EXIT] (4)16進数の数値1Aを入力し, 16進の結果を表示します。 [F1](d~o)[F2](h)[1][X,θ,T](A) (5)計算を実行し、2進数の結果を表示します。 [EXE] 表示結果:0000000000000011

Select a location