電卓 よくあるご質問 | CASIO

検索


よくあるご質問 | 電卓

関数電卓機能・使い方

プログラム関数電卓

fx-4850P (fx-4800P)のプログラムコマンドはfx-5800Pにそのまま使えますでしょうか。

fx-4850P (fx-4800P)のプログラムコマンドはfx-5800Pにそのままでは使えませんのでご注意ください。 fx-4850P (fx-4800P)とfx-5800Pのプログラムコマンドで異なる例を下に示します。 詳細は、それぞれのマニュアルをご参照願います。 (1)条件判定コマンド fx-4800P/4850P fx-5800P “条件“ ⇒ ~ ≠⇒ ・・・ If “条件“ Then ~ Else ・・・ IfEnd fx-4800P/4850Pで、は[FUNCTION][3][3]キーで入力します。 例1)Aメモリーの値が"3"であるならば"OK"を表示 fx-4800P/4850P fx-5800P A=3 ⇒ "OK" If A=3 Then "OK" IfEnd x-4800P/4850Pで、⇒は[FUNCTION][3][1]キーで入力します。 例2)Aメモリーの値が"3"であるならば"OK"を、そうでない場合は"NG"を表示 fx-4800P/4850P fx-5800P A=3 ⇒ "OK" ≠⇒ "NG" If A=3 Then "OK" Else "NG" IfEnd fx-4800P/4850Pで は[SHIFT][x2]キーで入力します。 (2) 結果出力コマンド (Pause) fx-4800P/4850P fx-5800P Pause # ≠⇒ "NG" # : 0~9の1桁の数値が有効。結果を出力し、停止している時間を示します。 Locate m , n , 数式 Locate m , n , “コメント “ m桁目のn行目に数式で示す計算結果、あるいは“コメント”で示すコメントを出力します。 fx-4800P/4850Pで は[SHIFT][x2]キーで入力します。 (3)変数メモリーへの代入コマンド (直接代入) 例)変数メモリーAに数値123を代入 fx-4800P/4850P fx-5800P A=123 123→A fx-4800P/4850Pで = は[ALPHA] [STO]キーで入力します。 fx-5800Pで →A は[SHIFT] [RCL](STO)[i](A)キーで入力します。 (4)変数メモリーへの代入コマンド (任意の数値の代入) 例)AとBに値を代入し√(A+B)を計算 fx-4800P/4850P fx-5800P √(A+B) あるいは {A, B} :√(A+B) ?→A ?→B √(A+B) x-4800P/4850Pで {は[FUNCTION][3][][3]キーで入力します。 }は[FUNCTION][3][][4]キーで入力します。 (5)配列変数コマンド 例1)Zメモリーの後ろに10個のメモリーを拡張 fx-4800P/4850P fx-5800P Defm 10 10→DimZ fx-4800P/4850Pで、 Defm は[SHIFT][・]キーで入力します。 fx-5800Pで、 DimZ は[SHIFT][・]キーで入力します。 (例2)Z以降の5番目のメモリーに数値123を代入し、その値を呼び出す fx-4800P/4850P fx-5800P Defm 10 Z[5]=12 Z[5] あるいは Defm 10 A[30]=123 A[30] 10→DimZ 123→Z[5] Z[5] ※Zメモリーに関してのみ配列変数は有効 [ は[ALPHA][ln]キーで入力します。 fx-4800P/4850Pで、 ] は[ALPHA] [^]キーで入力します。 fx-5800Pで、 ] は[ALPHA] [x■]キーで入力します。

fx-4850P (fx-4800P)の関数とfx-5800Pの関数の使い方はどのように違いますでしょうか。

fx-4850P (fx-4800P)とfx-5800Pの関数で異なる使い方の例を下に示します。 詳細は、それぞれのマニュアルをご参照願います。 (1)前置関数 fx-5800Pの前置関数には開カッコがつきます。 fx-5800Pの引数の最後には閉カッコが必要です。 例)sin30+cos45 の計算式を入力 fx-4800P/fx-4850P fx-5800P sin 30 + cos 45 sin( 30 ) + cos( 45 ) (2) べき乗(べき乗根)演算 fx-5800P(ライン表示)は、 べき乗、べき乗根演算子には開カッコがつきます。 引数(演算数)の終了には閉カッコが必要です。 例1)4^3^2 の計算式を入力 fx-4800P/fx-4850P fx-5800P(ライン表示) 4^3^2 ( 4 ^( 3 ) ) ^( 2 ) 例2)4^(3^2) の計算式を入力 fx-4800P/fx-4850P fx-5800P(ライン表示) 4^(3^2) 4 ^( 3 ^( 2 ) ) ^(は[x■]キーで入力します。 x√(は [SHIFT] [x■](□√■)で入力します。 (3)乗算の演算優先順位 fx-5800Pでは、 開カッコや変数直前の乗算省略や前置関数直前の乗算省略ができない場合があります。 例1)2A÷(3B) の計算式を入力 fx-4800P/fx-4850P fx-5800P 2A÷3B 2A÷(3B) 例2)1÷2√3 の計算式を入力 fx-4800P/fx-4850P fx-5800P(ライン表示) 1÷2√3 1÷( 2√( 3 ) ) (4)10進数→60進数変換 fx-4850P fx-5800P →DMS →DMS DMS 例1)sin-1(0.5) の結果を60進数表示 fx-4850P fx-5800P sin-1 0.5 →DMS sin-1(0.5) DMS 例2)sin-1(0.5) の結果を60進数表示させて実行を一時停止 fx-4850P fx-5800P sin-1 0.5 →DMS sin-1(0.5) DMS fx-4850Pで →DMSは [SHIFT] [3]キーで入力します。→DMS は[SHIFT] [2]キーで入力します。 fx-5800Pで DMSは[FUNCTION][5][4]キーで入力します。 は[SHIFT] [x2]キーで入力します。

Select a location