検索

Personal Menu

アラームスイッチをOFFにして止めたあと、再度アラームスイッチをONすると、アラームが鳴ってしまうのはなぜでしょうか? | CASIO

よくあるご質問 | クロック

カテゴリー : 機能・使い方 アラーム

アラームスイッチをOFFにして止めたあと、再度アラームスイッチをONすると、アラームが鳴ってしまうのはなぜでしょうか?

アナログ目覚まし時計のアラーム構造は、アラーム針で設定した時刻に時計内部のアラーム機構がONになり、約30分後にアラーム機構がOFFするよう設定されております。このとき時計外部に設定されたアラームスイッチがONになっているときアラーム報音を行います。
約30分以内に再度アラーム設定をする場合は、アラーム針を回転(反時計方向)させ、再度アラーム時刻設定を行ってください。
(この操作により、ムーブメント内部のアラーム機能(内部回路)をOFFにすることが出来ます。)

この情報は役に立ちましたか?

修理

修理に関するご案内はこちら

お問い合わせ

操作や機能、ご購入等についてのお問い合わせはこちら

修理

修理に関するご案内はこちら

お問い合わせ

操作や機能、ご購入等についてのお問い合わせはこちら

Select a location