時計 よくあるご質問 | CASIO

検索


よくあるご質問 | 時計

機能・使い方

電池

電池交換・電池取扱い時の注意事項は?

電池が消耗しますと「時刻の狂いが目立ったり」「表示が見えにくくなったり」「消えたり」「表示照明が暗くなったり」します。アナログ時計は、「針が止ったり」します。また、消耗した電池を使っていると電池の漏液や故障の原因になりますので、お早めに交換してください。 電池交換時は、電池と時計の端子(接触部)の汚れを落としてから入れて下さい。 新しい電池と古い電池を混ぜて使用しないで下さい。 種類の違う電池を混ぜて使用しないで下さい。 (電池交換時はすべて新しい同じ種類の電池と交換して下さい。) +(プラス)、-(マイナス)の向きは正しく入れて下さい。 電池は使い方を誤ると、液漏れによる周囲の汚損や破裂による火災・けがの原因となることがあります。 使い切った電池は速やかに処分、または幼児の手の届かないところに保管して下さい。 長期間使用しない場合は、電池を取り出してください。 購入製品の取扱説明書に指定されている電池以外は使用しないでください。 製品仕様の電池寿命を経過した場合は、時計がまだ動いていても全て指定の新しい電池と交換して下さい。 充電式でない電池を充電すると、液漏れ、破損のおそれがあるので充電しないで下さい。 ショ-ト、分解、加熱、火に入れるなどしないで下さい。液漏れ、発熱、破裂の原因になります。 ボタン型電池やコイン型電池は、小さなお子様(特に乳幼児)が誤って電池を飲むことがないように、手の届かない所へ置いてください。 万一、電池を飲み込んだ場合、または飲み込んだ恐れがある場合は、ただちに医師の治療を受けてください。 電池を飲み込むと、短時間で化学やけどや粘膜組織の貫通などを引き起こし、死亡事故の原因となります。 ※なお、電池から漏れた液が皮膚や衣類に付着した場合は、水で洗い流して下さい。 また、目に入った場合は、きれいな水で洗い流し、直ちに眼科医に相談し、その指示に従って下さい。 いずれの場合も、取扱説明書を良くお読みのうえ、正しい取扱い方法でご使用下さい。

Select a location