CASIOオンラインストア 会員登録で送料無料!

G-SQUAD
G-SQUAD PRO

GSW-H1000-1JR

NEW 2021年5月

スポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」初のWear OS by Google™を搭載したNewライン「G-SQUAD PRO」。 ワークアウトに役立つ機能として、心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載。さらに、GPS衛星から位置情報を取得し、距離、速度、ペースなどを計測します。 計測したデータは、全面液晶で高精細に表示。運動中に知りたい情報を手元で簡単にモニタリングできます。 また、様々なスポーツ計測に対応するため、カシオオリジナルアプリで毎日のトレーニングから、エクストリームスポーツ、アウトドアアクティビティまで、幅広いシーンでの活用を可能にしました。 種目ごとにデザインされたインターフェイスは、表示項目のカスタマイズが可能なため、自分仕様の使い勝手で、多機能を自在に使いこなすことができます。 さらに、専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携することで、時計の各種設定やトレーニングログの管理をサポート。撮影した動画・静止画と時計で計測したセンサー情報をレイヤー合成して、オリジナルの動画・静止画が作成できるセンサーオーバーレイ機能も搭載し、スポーツ中はもちろん、スポーツ後の楽しみ方も広げます。 G-SHOCKのタフネス性能とスマートウオッチの機能性。両者の融合により進化を遂げた、新たなマルチスポーツギアです。

GSW-H1000-1JR
GSW-H1000-1JR
GSW-H1000-1JR
GSW-H1000-1JR パッケージ
パッケージ
GSW-H1000-1JR

仕様

価格
メーカー希望小売価格 ¥88,000(税込)
ケースサイズ(縦×横×厚さ)
65.6 × 56.3 × 21.3 mm
質量
103 g
付属品
専用充電ケーブル
ケース・ベゼル材質
樹脂/ステンレススチール
バンド
樹脂バンド
構造
耐衝撃構造(ショックレジスト)
防水性
20気圧防水
時刻修正
Bluetooth:スマートフォンと接続し時刻を自動修正
GPS電波受信機能:スマートフォンとの通信ができない場合に限り、GPS電波を受信して時刻補正( 手動 )が可能
使用電源・電池寿命
バッテリー:リチウムイオン電池 ※電池交換はサポートセンターでの交換になります。お客様自身で交換していただくことはできません。 充電方式:マグネット圧着式充電端子、専用充電ケーブルによる充電システム(USB端子(Type-A)のある機器が必要です) フル充電に必要な時間:常温で約3時間
センサー機能
測位機能:GPS、GLONASS、みちびき対応
心拍計: 心拍計測範囲:40~220bpm、心拍数、目標心拍設定機能、心拍ゾーングラフィック表示、心拍数遷移グラフ、最大心拍数/平均心拍数
高度計: 計測範囲:-700~10,000m、計測単位:1m単位、計測精度:±75m以内(頻繁に補正をした場合)、高度計測間隔:6分(日常)/1分(アクティビティ計測中)、過去24時間の高度変化グラフ、アクティビティ記録中の高度変化グラフ、マニュアル高度補正機能、位置情報による自動高度補正
気圧計: 計測範囲:260~1,100hPa、計測単位:1hPa単位、計測精度:±3hPa以内、過去24時間の気圧変化グラフ、アクティビティ記録中の気圧変化グラフ、気圧計測間隔:6分(日常)/1分(アクティビティ計測中)、マニュアル気圧補正機能
方位計測機能: 計測範囲: 0~359度、計測単位: 1度、方位連続計測: 1分間、北方位指針、磁気偏角補正、ベアリングメモリー、傾斜補正
3軸加速度センサーと行動解析による歩数計測。 ・歩数表示範囲:0~999999歩 ・歩数リセット:毎日0時に自動リセット

モバイルリンク機能
モバイルリンク機能(Bluetooth対応機器との無線通信による機能連動)
アプリ
「G-SHOCK MOVE」対応

ガラス
無機ガラス
その他
センサー突起部1.8mmを含まないケースの厚さ:19.5mm

タイドグラフ
タイドグラフ:過去12時間+未来12時間分
日の出・日の入時刻表示
日の出・日の入の時刻(現在地の日の出・日の入り)
駆動時間
バッテリー持続時間: GPS非利用時: 約1.5日以上 ※カラー表示オートOFF:画面設定で「常に画面をON」が無効の場合。非操作時はモノクロ液晶に自動切替し、バッテリーのもちをより長くします。 タイムピースモード使用時: 約1か月  ※歩数を表示した場合、使用時間は短くなります。時計のみのタイムピースモード、時計とセンサーのみのタイムピースモードを使った場合、Wear OS by Googleの機能はオフになります。 ※使用環境により変動します。
その他機能
フィッシングタイム(現在地と月の時角、月齢を元に計算)
センサー機能詳細
※心拍計は、本機背面(裏蓋)に内蔵したセンサーによって計測された脈拍に基づく推定心拍数を表示します。本機が表示する心拍数データはあくまで参考値であり、その正確性が保証されるものではありません。本機の心拍計測機能はレクリエーションで使用することを目的としており、医療を目的としたいかなる用途にも使用することはできません。 ※GPSの高度情報を利用しているため実際の海抜高度や標高とは一致しません。

スポーツ計測 ACTIVITY

マルチスポーツに対応したカシオオリジナルアプリを搭載。ランニング、屋内ワークアウト、スイミングなどのトレーニング系から、
バイクやスノーボード、フィッシングまで、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応し、幅広いシーンでの使用が可能。

ランニング

ペース、心拍数/心拍ゾーン/心拍グラフ、消費カロリー、距離、速度、ラップ、経過時間、平均ストライド/ピッチ、高度/高度グラフ、方位計、総上昇量/総下降量、気圧/気圧グラフ、地図/軌跡

屋内ワークアウト

セット数、心拍数/心拍グラフ、消費カロリー、インターバルタイム(カウントダウン)、レップ数(入力)、重量(入力)

ロードバイク

心拍数/心拍グラフ/心拍ゾーン、速度、道路勾配、距離、ペース、消費カロリー、ラップ、経過時間、高度/高度グラフ、方位計、総上昇量/総下降、気圧/気圧グラフ、地図/軌跡

サーフィン

経過時間、潮汐(干潮・満潮時刻、グラフ)、ライディング本数(入力)

主な対応アクティビティ

●ランニング ●トレイルランニング ●ロードバイク ●サイクリング ●マウンテンバイク ●プールスイミング ●サーフィン ●セーリング ●カヤック ●SUP ●スキー ●スノーボード ●トレッキング ●フィッシング ●ウォーキング ●屋内ワークアウト(24種)

モーションセンサー連携

別売りのGPS+9軸センサー搭載のウェアラブルデバイスで、ランニング中の身体の動きを高精度にトラッキング。
速く走る、長く走る、楽に走る。目的に合ったフォームづくりをサポート。

モーションセンサー連携

モーションセンサーと接続することで、ランニング時のフォームチェックが可能。ピッチやストライドのほか、蹴り出す加速度や腰にかかる衝撃、骨盤の動きや傾きなどの姿勢情報を細かく解析。さらに、計測データを専用アプリに転送し、フォームの分析や改善点などのパーソナル情報を提供。トレーニングの質を高めるのに役立つ。

※利用には、モーションセンサー(CMT-S20R-AS)、スマートフォンアプリ「Rummetrix」、Wear OS by Google用アプリ「Runmetrix」(2021年6月提供開始予定)が必要です。
※画面は開発中のものです。

SENSING [モーションセンサー]

GPS機能+9軸センサー搭載。
腰に装着して走るだけで、
20種類以上のランニング指標を計測。

MONITORING [GSW-H1000]

走行中、手元でランニング指標を
リアルタイムに表示。

※画面は開発中のものです。

COACHING
[Runmetrix]

フォームを分析し、ひとりひとりにあった 改善点をアドバイス。

Feature

製品特徴

マルチインフォメーション表示

ペースや心拍数などの計測情報を、上中下の3段で表示。表示項目をシーンや好みに応じて切り替えでき、自分専用の画面にカスタマイズ可能。

GSW_H1000_0221_2

CASIO's APPS

G-SQUAD PROの多彩な機能にクイックアクセス。画面の外周部をスワイプしアイコンを回転させることで、心拍計や地図などの機能をすばやく探し出せる。グローブ装着時には、ボタン操作による呼び出しも可能。

GSW_H1000_0221_2

オリジナルウオッチフェイス

多機能表示に適したDIGITAL、時刻表示と機能表示を自動切り替えするANALOGUE、視認性に優れた2レイヤー。シーンやスタイルに応じて使い分けできる3タイプのウオッチフェイスを開発。背景のパターンやテーマカラーの設定にも対応。

GSW_H1000_0221_2

テーマカラー設定

選択した色(ブルー、レッド、ゴールド、カスタム)を、各ウオッチフェイスの背景や計測画面のインターフェイスの配色に反映。

多彩な機能

現在地や移動軌跡がわかるMAPをはじめ、方位・気圧・高度計測、タイドグラフ、日の出・日の入り時刻など、多彩な機能を搭載。
©Mapbox ©OpenStreetMap

スマートフォンアプリ G-SHOCK MOVE

アクティビティの履歴や分析、進捗確認など、トレーニングに役立つ様々なログをアプリ上で管理可能。

G-SHOCK MOVE

G-SHOCK MOVE FREE

G-SHOCK 専用 スマートフォン アプリ

※画面は開発中のものです。

アクティビティ履歴(左)
計測データを、アクティビティごとに一覧表示。
走行距離・時間・ペース、消費カロリーなどのほか、ロードワーク時の移動軌跡も地図上に表示。

トレーニング分析(右)
時計で分析したデータをアプリ上に見やすく表示し管理。
トレーニングの進捗や成果がわかり、今後の対策に活用できる。

センサーオーバーレイ
アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画をアプリで編集。
センサー計測情報をレイヤー表示した動画・静止画を作成し、SNSなどにシェアできる。

※ アプリケーション画面は全て開発段階のため、
最終仕様と異なる可能性がございます。

DESIGN & TECHNOLOGY

Web

GPS機能+マルチセンサー

GPS衛星から現在地の位置情報を取得。本体裏面の光学式センサーで心拍数を測定。さらに、方位・高度/気圧などを計測可能なセンサーを搭載。複数のセンサーで、活動状況をリアルタイムに計測します。

Web

二層構造ディスプレイ

時刻などの常時表示に適したモノクロ液晶と、地図・計測情報などを高精細に表示するカラー液晶を搭載。シーンに応じた使い分けを可能にし、常に優れた視認性をキープする。
©Mapbox ©OpenStreetMap

PC_GSW_H1000_0217_ol

耐衝撃+20気圧防水

G-SHOCK独自の耐衝撃構造と、防水仕様のマイク、充電端子を採用。手首で計測する光学式センサー(心拍計)およびマイクを搭載しながら、耐衝撃+20気圧防水を実現。

PC_GSW_H1000_0217_ol

ケース・ボタンデザイン

使用頻度の高いSTARTボタンに、アクセントカラーを施したアルミ素材を採用し、視認性と操作性を追求。また、ケース、バンドにハニカムパターンを施し、G-SHOCKらしいタフネスさを表現。

PC_GSW_H1000_0217_ol

チタン製裏蓋

裏蓋に耐食性に優れたチタン素材を使用し、チタンカーバイト処理を施し耐摩耗性を強化。

Web

Wear OS by Google™

最新のWear OS by Googleを搭載し、Google アシスタントや、メール・電話着信・SNSなどの各種通知に対応。Google Fit™、Google マップ™などのアプリも使え、デイリーユースに役立つ。Google Playからアプリをダウンロード可能。

レビュー