電卓 よくあるご質問 | CASIO

検索


よくあるご質問 | 電卓

関数電卓機能・使い方

ESシリーズ

極座標形式で複素数の計算ができますか?

はい, 次の機種では複素数モ-ドで簡単に計算ができます。 該当機種: fx-993ES, fx-573ES, fx-913ES, fx-373ES, fx-991ES, fx-570ES など 複素数を表現する際の座標形式として2つの形式があります。 直交座標形式:z=x+i・y 極座標形式:z=r∠θ またはz=|z| e^θi (例1)直交座標形式の値(z=4+3i)を極座標形式に変換します。 ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を極座標形式にします。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[2](r∠θ) (2)直交座標形式の値z=-4+3iを入力し実行します。 [(-)][4][+][3][ENG](i)[=] 表示結果:5∠143.1301024 ※複素数表示設定が, 直交座標形式の場合は, [>r∠θ]コマンドを使って極座標形式に変換できます。 [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[1](a+bi) [(-)][4][+][3][ENG](i)[=] 表示結果:-4+3i [SHIFT][2](CMPLX)[3](>r∠θ)[=] 表示結果:5∠143.1301024 (例2)極座標形式の値(2∠60゜)を直交形式に変換します。 ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を直交座標形式にします。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[1](a+bi) (2)極座標形式の値2∠60゜を入力し実行します。 [2][SHIFT][(-)](∠)[6][0][=] 表示結果: 1+√3i(数学自然表示) 1+1.732050808i(ライン表示) ※ 角度設定がラジアンの場合も計算が可能です。角度設定をラジアンに設定する場合, 角度をラジアンで入力します。 ・上記の例題2の角度設定をラジアン(Rad)で計算します。 ●fx-991ESなどの操作例 (1)複素数モ-ドで, 角度設定をラジアン(Rad)に設定します。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][4](Rad) (2)複素数表示設定を直交座標形式に切り替える。 [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[1](a+bi) (3)複素数2∠π/3(ラジアン)を入力します。 [2][SHIFT][(-)](∠)[SHIFT][(][×10x](π)[÷][3][)][=] 1+√3i(数学自然表示) 1+1.732050808i(ライン表示) と表示されます。 複素数計算例:次の複素数の値で加減算を行います。 z1=4+2i, z2=-1+5i (例3)加算z1+z2=3+7i ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を直交座標形式にします。 [MODE][2](COMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[1](a+bi) (2)z1+z2を実行します。 [4][+][2][ENG](i) [+] [(-)][1][+][5][ENG](i) [=] 表示結果:3+7i (例4)減算z1-z2=5-3i ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を直交座標形式にします。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[1](a+bi) (2)z1-(z2)を実行します。 [4][+][2][ENG](i) [-] [(][(-)][1][+][5][i][)] [=] 表示結果:5-3i 次の極座標系式の複素数で乗除算を行います。 z1=5∠70゜, z2=3∠45゜(角度設定:Degree): (例5)乗算z1×z2=15∠115゜ ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を極 座標形式にします。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[2](r∠θ) (2)z1×z2を実行します。 [5][SHIFT][(-)](∠)[7][0] [×] [(][3][SHIFT][(-)](∠)[4][5][)] [=] 表示結果:15∠115 (例6)除算z1÷z2=(5/3)∠25 ●fx-991ESなどの操作例 (1)COMPLEXモ-ドに入り, 角度設定をDeg, 複素数表示設定を極座標形式にします。 [MODE][2](CMPLX) [SHIFT][MODE][3](Deg) [SHIFT][MODE][↓][3](CMPLX)[2](r∠θ) (2)z1÷(z2)を実行します。 [5][SHIFT][(-)](∠)[7][0] [÷] [(][3][SHIFT][(-)](∠)[4][5][)] [=] 表示結果: (5/3)∠25(数学自然表示) 1.666666667∠25(ライン表示) (3)結果を直交座標形式にします。 [>a+bi]コマンドを使って直交座標形式に変換できます。 [SHIFT][2](CMPLX)[4](>a+bi)[=] 表示結果:1.510512978+0.7043637696i

BASE-N(BASE)モ-ドまたは(ビットごとの)論理演算を行う際に, 注意すべき点はありますか?

通常の10進数以外に, 2進数, 8進数, 16進数の計算が出来ます。 計算結果は, 常に現在の基数の設定に従って表示されます。この基数の設定を変更することでn進法の値に切り替えることが出来ます。 また, 負数計算や論理演算ができます。 N進数から10進数への変換 進数 底 数値例(10進数の 28) 結果 2進数 2 1×24 + 1×23 + 1×22 + 0×21 + 0×20 11100 8進数 8 3×81 + 4× 80 34 10進数 10 3×81 + 4× 80 28 16進数 16 1×161+12×160 1C (例)10進数の28を2進数に変換します。 x-991ESなどの操作例 (1)BASE-Nモ-ドで基数を10進数に設定します。 [MODE][4](BASE-N)[X2](Dec) (2)10進数の数値28を入力します。 (2)10進数の数値28を入力します。 [2][8][=] (3)基数を2進に変更します。 [log](BIN) 表示結果:0000000000011100(Bin) ※ほかの関数電卓(fx-115MS,fx-115WA,fx-991WA,fx-3650Pなど)も類似した操作で計算可能です。 ●論理演算 ビットごとの論理積(and), 論理和(or), 排他的論理和(Exor, Xor), 排他的論理和の否定(Xnor)の結果を表示します。2進, 8進, 16進では, 負数は2進数表記で2の補数を取った値を元のn進表記に戻して使います。10進では, 負数に負符号を表示します。 真理値表 A B A And B A Or B A Nand B A Nor B A Xor B 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 1 0 1 1 0 0 1 1 0 1 1 1 1 1 0 0 0 A Nand B はNot (A and B)と同値 A Nor B は Not (A or B)と同値 A Xor B は(A Or B) And (Not(A)Or Not(B))と同値 (例)2つの16進数の値19と1Aがあります。 これら値のビットごとにORとXORをとり, 2進数に変換します。 1.Orの計算: 19 Or 1A (1)BASE-Nモ-ドで基数を16進に設定します。 [MODE][4](BASE-N)[X■](Hex) (2)16進数の数値19を入力します。 [1][9] (3)論理演算子を入力します。 [SHIFT][3](BASE)[2](or) (4)16進数の数値1Aを入力し, 16進の結果を表示します。 [1][(-)](A)[=] 表示結果:1B(Hex) (5)基数を2進に変更します。 [log](BIN) 表示結果:0000000000011011(Bin) 2.Xorの計算: 19 Or 1A (1)BASEモ-ドで基数を16進に設定します。 [MODE][4](BASE-N)[X■](Hex) (2)16進数の数値19を入力します。 [1][9] (3)論理演算子を入力します。 [SHIFT][3](BASE)[3](xor) (4)16進数の数値1Aを入力し, 16進の結果を表示します。 [1][(-)](A)[=] 表示結果:3(Hex) (5)基数を2進に変更します。 [log](BIN) 表示結果:0000000000000011(Bin)

三角関数や角度を含む計算を行う際に, 注意すべき点はありますか?

関数電卓を使用したい角度モ-ドに設定してから計算する必要があります。 関数電卓には, 角度モ-ドが 3つあります。現在の角度モ-ドを確認してください。 使用したい角度モ-ドに設定されていない場合は, 関数電卓の角度モ-ド設定を変更してから計算を行ってください。 ●確認方法 電卓のLCD表示上に「D」, 「R」または「G」等の現在設定されている角度モ-ドシンボルが点灯します。 ●角度モード 度数法(ディグリ-単位): 「D」シンボルを点灯しているときDegreeモ-ドに設定されています。 Degree:1度は円の1/360の弧が示す角度を意味します。1度は1゜と表記されます。 例えば, 次のような計算が出来ます。 sin90゜=cos0゜=1 弧度法(ラジアン単位): 「R」シンボルを点灯しているときRadianモ-ドに設定されています。 Radian:1ラジアンは弧の長さが半径に等しい場合, その弧の示す角度を意味します。ラジアンを用いた角度表示は「弧度法」と呼ばれます。1radian=360º/(2π) 例えば, 次のような計算が出来ます。 sin(π/2)=cos(2π)=1 グラ-ド単位: 「G」シンボルを点灯しているとき、現在の角度単位が、グラ-ド単位であることを示しています。 グラ-ドは円の1/400の弧が示す角度を意味します。 sin100(grads)=cos400(grads)=1 3つの角度モ-ドの関係は,次の通りです。 90゜=π/2(radians)=100(grads) 尚,スタンダ-ド関数電卓または,プログラム関数電卓の場合, Degreeモ-ドが初期設定となっています。 ●変更方法 数学自然表示関数電卓(ESシリ-ズ) [SHIFT]キ-、[MODE]キ-の順に押すと, 角度選択画面が表示されます。設定したい角度モ-ドの数字を選んでください。 S-V.P.A.M., V.P.A.M., fx-4800P, fx-5500LA, fx-3650Pなど [MODE]キ-を数回押すと, 角度選択画面が表示されます。設定したい角度モ-ドの数字を選んでください。 上記以外のスタンダ-ド関数電卓, プログラム関数電卓 [MODE]キ-と数字の組み合わせで設定することができます。表示窓下のプレ-トを参考にしてください。

Select a location