検索

OCEANUS オシアナス

その名前はギリシア神話における

海の神「オケアノス(ラテン名:オケアヌス)」に由来。
波をモチーフとしたブランドロゴは、柔らかな曲線と鋭利なラインで
優雅さと先進性を表現している。

 

絶対精度の追求という挑戦も、高速で自在に動く
運針表現も、「青」への執拗なまでの拘りも。
時計づくりの常識に囚われない冒険心と遊び心から生まれた。

Elegance, Technology

新しいエレガンス。

世界中で正確な時を刻む精度と、
研ぎ澄まされた造形物としての精度。
2つの精度を追求し、 あらゆる角度から徹底的に検証。
新たなエレガンスを纏った、
革新的なオシアナスが生み出された。

THE OCEANUS Manta

素材、デザイン、仕上げ。
すべてにおいて最高水準をクリアしなければ
フラッグシップの証 〈Manta〉の 名を冠することはできない。

2007

OCW-S1000

初代Manta 世界最薄※
クロノグラフ電波ソーラー
※2007年6月当時、当社調べ

2008

OCW-S1200

より正確な時間を刻む
タフムーブメント搭載

2009

OCW-S1400

新モーターレイアウトにより
新たな文字板デザインを実現

2013

OCW-S3000

スピーディかつ滑らかな運針を
可能にする 6モータードライブ搭載

2019

OCW-S5000

装着感を高める流麗なフォルム

ラグ部分のボリューム感を抑え、ケースからバンドへ続くシルエットを優美なラインで構成。薄型ケースが生み出す心地よい装着感をさらに高める。

片面高密度実装技術

Bluetooth®システムの部品点数削減・小型化と独自の高密度実装技術により、電子部品の実装を従来の両面から片面に変更し、モジュールの薄型化を実現。

Mantaとは

2007年6月。 世界最薄のクロノグラフ。 電波ソーラーとして誕生。
紺碧の海を優雅に泳ぐ 巨大エイの名を与えられ、 slim & eleganceという 開発コンセプトを徹底的に追求。
薄さ、文字板デザイン、 曲線美、 ブルーの表現方法など
時には量産化に向かない 加工にも挑み、 オシアナスの新たな 可能性を広げ続けている。

History of OCEANUS

全ての技術の進化はエレガンスの追求のために

2004年、世界初のフルメタルクロノグラフ電波ソーラー(ワールドタイム搭載)としてOCW-500が誕生。
以来、独自性と時計品質の進化を果たしてきた。
次なる革新への挑戦、エレガンスのあくなき追求はこれからも続く。

第一世代

2004年11月
OCW-500

世界初※
フルメタルクロノグラフ電波ソーラー、
オシアナス初号機
※2004年10月当時、当社調べ

2005年10月
OCW-6005

モータードライブ搭載

第二世代

2006年10月
OCW-M700

マルチバンド5登場

2007年6月
OCW-S1000

世界最薄※
クロノグラフ電波ソーラーを
実現したManta初号機
※2007年6月当時、当社調べ

第三世代 ステージ1

2008年11月
OCW-S1200/T600

新ムーブメント
「タフムーブメント」初搭載

2009年10月
OCW-S1400

新モーターレイアウトにより
新たな文字板デザインを実現

2010年10月
OCW-T1000

多機能の感覚的操作を実現する
「スマートアクセス」を初搭載

2011年10月
OCW-S2000

初の両面無反射コーティング
サファイアガラス採用モデル

第三世代 ステージ2

2012年10月
OCW-S2400

オシアナスブルーに
スパッタリングを採用
2都市の時刻の同時表示を実現

2013年10月
OCW-S3000

世界最小※
モーターの開発により、
初の6モータードライブ搭載を実現
※2014年2月現在、当社調べ

2014年10月
OCW-G1000

世界初※
フルメタルGPS
ハイブリッド電波ソーラー実現
※2014年9月現在、当社調べ

2017年6月
OCW-G2000C

世界初※
3-wayBluetooth®搭載
GPS電波ソーラー
※2017年3月1日現在、当社調べ

Select a location